ARTS CHALLENGE 2018
 
 27年度では、愛知芸術文化センターのアートスペースやパブリックスペースの空間を活かす創造的な企画を公募したところ、国内外から88組の応募があり、選考委員会において12名が選考され、それぞれの空間の特徴を生かした作品を制作・展示いたしました。
美術部門
 
  26年度では、全国、海外より御応募いただきました107組の中から厳しい選考に残った若手芸術家13組(12名1団体)が、愛知芸術文化センターのアートスペースやパブリックスペースである地下通路、展望回廊など、その空間の特徴を活かした作品を制作・展示しました。
美術部門
 

 24年度では、39歳以下の若手芸術家から愛知芸術文化センターのアートスペースG及びXやパブリックスペースなど15箇所の空間を展示予定箇所として、創造的な企画を公募したところ、全国から108企画の応募があり、その中から特に優れた10企画が選考されました。

美術部門
 
 23年度では、39歳以下の若手芸術家から愛知芸術文化センターのアートスペースⅩやパブリックスペースなど14箇所の空間を展示予定箇所として、創造的な企画を公募したところ、全国から117企画の応募があり、その中から特に優れた10企画が選考されました。
美術部門
 

 22年度では、美術部門の募集が行われ、応募企画数128企画(個人125、団体3)の中から選ばれたアーティスト13企画が、愛知芸術文化センターの様々な空間を活かした作品を、美術部門キュレーターの加藤義夫氏のコーディネートのもとに制作・展示しました。

美術部門
 
アーツチャレンジ2010

 21年度の美術部門では、応募企画数111企画の中から選ばれたアーティスト13企画(個人12、団体1)が、愛知芸術文化センターの様々な空間を活かした作品を、美術部門キュレーターの加藤義夫氏のコーディネートのもとに制作・展示しました。音楽部門では、30代までの若手アーティストから、愛知県美術館の所蔵作品をモチーフとする創作音楽作品を公募したところ、7作品(個人7人)の応募があり、審査の結果、3作品が選考、愛知芸術文化センター愛知県芸術劇場コンサートホールで演奏が行われました。

美術部門 音楽部門
   

アーツチャレンジ2009

 20年度の美術部門では、応募企画数108の中から選ばれたアーティスト15企画(個人13、団体2)が、愛知芸術文化センターの様々な空間を活かした作品を、美術部門キュレーターの加藤義夫氏のコーディネートのもとに制作・展示しました。舞踊部門では、公募により選ばれたアーティスト3名と選考委員特別推薦1名が、国内外で活躍する講師のアドバイスのもとで新しい舞踊作品をつくり、愛知県芸術劇場小ホールで公演しました。

美術部門 舞踊部門
   

アーツチャレンジ2008

 19年度はタイトルを新たにアーツ・チャレンジとし、美術部門では、公募により選ばれたアーティスト15名が、愛知芸術文化センターや愛知県陶磁資料館のパブリックスペースなどの様々な空間を活かした作品を、美術部門キュレーターの加藤義夫氏のコーディネートのもとに制作・展示しました。音楽部門では、公募により選ばれたアーティスト3名が、愛知県美術館の所蔵作品をモチーフとする創作音楽作品を制作し、愛知県芸術劇場コンサートホールで公演しました。

美術部門 音楽部門
   

新進アーティスト発見inあいち

 18年度は、美術部門では、公募により選ばれたアーティスト9名1組が、愛知芸術文化センターのパブリックスペースなどの様々な空間を活かした作品を、美術部門キュレーターの原久子氏のコーディネートのもとに制作・展示しました。
 舞踊部門では、公募により選ばれたアーティスト6名が、舞踊家、振付家として国内外で活躍する伊藤キム、平山素子、深川秀夫各氏の助言のもと、ワークショップを重ねてオリジナル振付作品を創作し、愛知県芸術劇場小ホールで公演しました。。

美術部門 舞踊部門