あいちアートプログラム現代美術作品の制作・展示親子で楽しむコンサートTwitterFacebook
あいちアートプログラム

アーツ・チャレンジ2018 ―入選者が決定しました―

企画公募の結果、国内外から90組の応募があり、選考委員会において次の8組が選ばれました。

  1. 応募結果

    • 応募数90組(個人82、団体8)


  2. 選考結果

    • 選考委員による書類審査を行い、制作・展示する8組を決定しました。


  3. 入選者及び展示スペース
    ※作品画像は過去の作品です。

    𠮷田絢乃
    Ayano YOSHIDA

    ❶ 地下1階フォーラム北側壁面周辺
    《レイヤー》
    人と人との対話は地層のように堆積していきます。残された手紙やメールも対話の脱け殻としてそこに在るのです。

    1987年 東京都生まれ
    2013年 多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程絵画専攻 修了
    2013年​ 個展「𠮷田 絢乃 展」ゆう画廊(東京都)​​
    2016年​ 個展「𠮷田 絢乃 展 -ダイアローグ-」藍画廊(東京都)

    《レイヤーⅡ》 2016

    佐藤美代
    Miyo SATO

    ❷ 地下1階南側階段上部踊場
    《あのねのかぼちゃ》
    子どもの頃に誰もが遊んだり聴いたりした「ことば遊び」や「わらべうた」の世界を、楽しいアニメーションで制作します。

    1989年 愛知県生まれ 2015年 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 修了
    2015年 「あいち国際女性映画祭2015」ショートフィルムコンペティショングランプリ​​
    2016年​ 「キネコ国際映画祭2016」日本作品賞短編部門グランプリ

    《きつね憑き》 2015

    道楽同盟
    Douraku Doumei

    ❸地下2階南側階段下部踊場
    《Trigger》
    階段通路での展示を行います。通路という場所は視覚的にスルーされる、ということを逆手に取ってアプローチします。

    ■増成峻平 Shunpei MASUNARI
    1987年 愛知県生まれ
    2009年 名古屋芸術大学美術学部造形科立体造形コース 卒業
    ■佐竹佑太 Yuta SATAKE
    1986年 愛知県生まれ
    2009年 名古屋芸術大学美術学部造形科立体造形コース 卒業
    2015年 「REN-CON-ART-PROJECT 連茎する現代アート」名古屋市芸術創造センター(愛知県)
    2015年 「ONGAESHI 国際美術交流展」kukoon(ブレーメン、ドイツ)

    《みちしるべ》
    2015展示風景「REN-CON-ART-PROJECT 連茎する現代アート」名古屋市芸術創造センター(愛知県)

    小松原智史
    Satoshi KOMATSUBARA

    ❹地下2階アートスペースX
    《コマノエ》
    脈絡の無いイメージを終わることなく描き続けることで、「意味」や「物語」が成立しない画面及び空間を構築していきます。

    1989年 奈良県生まれ
    2013年 大阪芸術大学大学院芸術研究科博士課程前期芸術制作専攻 修了
    2013年 第16回岡本太郎現代芸術賞展 特別賞
    2016年 個展「コノマエノコマノエ」the three konohana(大阪府)

    《コマノエ》
    展示風景「奈良・町家の芸術祭 はならぁと 2015

    小笠原周
    Shu OGASAWARA

    ❺地下2階通路展示ケース
    《fighting sculpture》
    シーンの連続を彫刻したレリーフではなく、瞬間の連続を彫刻したレリーフを作ることによって、これまでの絵本的表現が漫画的な表現になる。

    1985年 兵庫県生まれ
    2008年 京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科彫刻コース 卒業
    2017年 「未来の途中の、途中の部分」京都市立大学ギャラリー@KCUA(京都府)
    2017年 個展「ハツMODE」 VOU(京都府)

    《フロントラットスプレッド》
    2016

    小宮太郎
    Taro KOMIYA

    ❻ 地下2階通路西側
    《The doors》
    二つある扉のうち、一つはマスキングテープで出来ている。私達が何気なく見ている景色の中で、見えている世界を疑ってみて欲しい。

    1985年 神奈川県生まれ
    2016年 京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術専攻博士課程 修了
    2016年 「安部公房へのオマージュ/写真とヴォイアリズム」G/P Gallery東雲(東京都)
    2017年 「Teleporting Landscape」アートギャラリーミヤウチ(広島県)

    《垂直で水平な風景(を撮る)》2016

    椋本真理子
    Mariko MUKUMOTO

    ❼地下2階フォーラム
    《Disc-type-Dam 2 / POOL (big pink)》
    人工的な風景をモチーフに、形にしてきた。人為的に水を溜めたダムとプール。この二つに焦点をあてたい。

    1988年 神奈川県生まれ
    2013年 武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻彫刻コース 修了
    2015年 「NCC2015 第7回入賞展覧会 企画「かつてとの遭遇」」CCC(静岡県)
    2016年 個展「リゾート」RISE GALLERY(東京都)

    《ダムno.1》2016

    山本愛子
    Aiko YAMAMOTO

    ❽地下2階ビデオルーム
    《音に還る音楽》
    日常に響く様々な音のさざめき。その中で、最も遠く近い音がある。それはどんな音だろう。繭糸による、音の可視化を試みる。

    1991年 神奈川県生まれ
    2017年 東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程 修了
    2016年 「森に戯ぶ」サロン・ド・ヴェール(長野県)
    2017年 「TAMAVIVANTⅡ ポガティブ展」アートテーク・ギャラリー(東京都)

    《楽譜解体》2013


  4. 選考委員 [五十音順]

    • 五十嵐太郎
      (あいちトリエンナーレ2013芸術監督・東北大学大学院工学研究科教授)
      伊藤まゆみ
      (東京都現代美術館育成支援課企画調整係長)
      角奈緒子
      (広島市現代美術館学芸員)
      拝戸雅彦
      (愛知県美術館企画業務課長) 


  5. 制作・展示
    • 今後、入選したアーティストたちが、本事業のキュレーターで選考委員の角奈緒子氏によるアドバイス及びコーディネートのもと、作品を制作・展示します。

      ・展示期間 平成30年2月14日(水)から2月25日(日)まで  
      ・展示場所 愛知芸術文化センター アートスペースX及びパブリックスペース



あいちトリエンナーレ地域展開事業実行委員会事務局
〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号 (愛知県県民生活部文化芸術課内)
電話 052-954-6183(ダイヤルイン)
 

PAGE TOP